全国付添人経験交流集会に参加してきました!

post on 3月 14th, 2014
Posted in POST

門松です。

平成26年3月8日から9日、全国付添人経験交流集会に参加してきました。

この集会は、少年事件の付添人活動など子どもに関わっている弁護士が年に1回一堂に会して、自分の活動などを報告するというイベントです。

大阪弁護士会の子どもの権利委員会は、毎年このイベントの前に勝手旅行と称して、せっかく行くのだからその地域をより深く知るためにその地域の子どもに関係する施設を訪問して弁苦境して、ついでに観光もしようということで、今年は、茨城県にある児童養護施設に訪問に行き、そのあと、つくば山に行きました。梅を見に偕楽園に行きましたが、この寒さのせいか三分咲きだったので少し残念でした。

実際の集会の方は、一日目は、社会的養護と少年事件のテーマで、4年ほどかかわった少年の事例について報告をさせていただきました(事例報告の時間配分を間違えて、予定時間を超過してしまったことは深~く反省しております…)。

社会的養護とは、保護者のない児童や、保護者に監護させることが適当でない児童を、公的責任で社会的に養育し、保護するとともに、養育に大きな困難を抱える家庭への支援を行うことです(厚労省HPより)。

保護者が養育できない状況の少年たちは、児童養護施設や里親宅などで生活をしています。

少年事件を起こした場合は、帰るところがない場合は、少年院送致の危険が高くなり、少年院から退院できる状況になっても、帰るところがない場合は、受け入れ先を探さなくてはなりません。受け入れ先が見つからないことで、必要以上に少年院での生活を余儀なくされるということもあります。最近は、少年院からの仮退院先に自立準備ホームという制度が活用されています。そこから仕事に通ってお金を貯めるまでの間、そこのホームで生活をし、自立の支援を受けることができます。

二日目は、東京弁護士会の報告を聞きました。一日目のテーマと共通するところがあり、審判で、少年院送致になった場合で、帰るところのない少年のために、元付添人という立場で何ができるかということを考える報告でした。

元付添人という立場でも、積極的に関わってこうとすれば、少年院側と協力関係を築きながら、少しでもできることがあるということわかりました。確かに、ボランティア的な側面もありますが、新しいことを始めるには、まず活動して、意味のあるものであることを理解してもらうことが大切なのではないかなと思います。

他の単位会の報告などを受けて、たくさん刺激をもらうことができ、また明日から頑張ろう!という気持ちになりました。

来年も参加したいと思います。

 

 

Comments are closed

子どもの面会交流について

post on 11月 12th, 2013
Posted in POST

今回は、子どもの面会交流について、お話をしたいと思います。

年明けのブログで、家事事件手続法が施行されましたとご紹介しました。
この家事事件手続法で新たな制度として取り入れられたのが、「子ども手続代理人」の制度です。

簡単に言えば、離婚や親権、監護権、面会交流について、
小学校高学年くらいの子どもについては、自分の意見を言うために、弁護士の代理人をつけようという制度です。
もちろん、これまでの離婚事件においても、裁判所の調査官が、子どもの意見聴取などを行ってきました。
それを一歩進めて、弁護士が、現在の裁判の状況や見通しなどを子どもに分かりやすく説明して、
自分なりの気持ちを代わりに伝えることが可能になるようにしようという制度なのです。

私は、子どもの権利委員会の委員から派遣されて、この新しい制度の導入を進めようというプロジェクトチームに入っています。
そのことが縁で、先日、子どもと同居していない親との面会交流の援助をしている
社団法人家庭問題情報センター(通称「FPIC」)大阪ファミリー相談室の方と、懇談会を行いました。

FPICでは、おおよそ1年間の間、面会交流が円滑に進むように、プレイルームや公園・施設などで、
子どもと親とが面会するのに付き添ったり、子どもを受け渡しをする援助を行っています。

今回の制度の導入とともに、面会交流全般についていろんな意見交換をさせていただきました。

離婚をするということになる以上、夫婦間に埋められない溝ができているのですが、
どちらも子どもと暮らしたい、暮らすことはできなくてもせめて定期的に会いたいという思いを持っておられることが多いです。

ただ、夫婦間では、それなりの溝があるので、当事者同士だけでは、うまく面会交流を実施できないこともしばしばあります。
その場合、FPICの方が援助に入って、育てている親(監護親)と面会を求める親(非監護親)の間を取り持って、
面会交流を進めて下さっています。

そのときに、FPICの援助者の方が大切にしていることで印象に残っていることがあります。
まず、子どもに接するときは、子どもを一人の人間として尊重し、
どの程度理解できるかはともかく、子の面会交流についての意味を説明するということで、安心感を与えること。
そして、たまにしか会えない非監護親との面会を楽しんでいいんだよ、というメッセージを伝えること
の2点です。

「面会交流というのは、父母間の紛争の犠牲者である子どもに対する、せめてものささやかな幸せを実現するというのが原点なんです」
面会交流というのは、子どもの権利なんだということでした。

新しい子どもの手続き代理人という制度も、両親の離婚によって犠牲になってしまう子どもたちのために利用される制度になっていけばいいなと思っています。

 


Comments are closed

補導委託先の開拓について

post on 8月 12th, 2013
Posted in POST

門松です。

前回のブログ更新から、4か月も経過し、真夏になってしまいました。
暑中お見舞い申し上げます。
毎日暑いですね。仕事柄移動のため外に出ることが多く、毎日汗だくになっています。

さて、今回は、補導委託先などを含む社会資源について、お話ししたいと思います。

補導委託先の説明の前に、少年事件の審判の仕組みについてご説明します。

非行をした少年の処分は、大きく分けて、保護観察と少年院送致があります。
ただ、少年事件の処分で大人と違うのは、この処分を決める前の中間的な処分というものがあることです。
つまり、保護観察(自宅に帰らせる)のと少年院に入所させて矯正教育を受けさせるか迷う場合、
約半年間ほど、テスト期間を設けて、少年の様子を見てから、
どちらかに決定するという「試験観察」という処分があります。

試験観察には、二つ種類があって、自宅に帰って様子を見るのと
補導委託先に預けて少年が住み込みで働く様子を見るという二つのパターンがあります。

問題は、後者の補導委託先として協力していただける事業者の方が、
減少傾向にあるということです。
生活のための実費として一日当たりの委託費は出ていますが、
委託先の方のボランティア精神などにもより、
少年の更生の手助けをしたいという思いで、ご協力していただいています。

特にこの補導委託は保護者がいない、家庭に帰すことのできない子どもに利用させることが多く、
補導委託によって、信頼できる人間関係を形成したり、働く喜びを体験したり、
非常に意味があるのですが、なかなか負担が大きいというのも実情です。
そういう中、何とか少年の更生に協力したいという思いで、協力していただく
補導委託先の方には、頭が下がる思いです。

補導委託先は、家庭裁判所が確保しているため、
登録するには裁判所の審査が必要になります。

補導委託とは少し横道にそれてしまいますが、
少年の中には、非行自体はそれほど重大ではなくても、
施設出身の子どもなどは、引き取るにふさわしい保護者がいなかったりするなど、
帰る場所がなければ、少年院送致となってしまいます。
これまで何件かそういう少年の事件に立ち会いました。

そして、少年院から出る時も、引受先の家庭がなければ、
退院ための矯正教育の目標に達していてても、いつまでも少年院から出られないということになります。

そういう時に、住込みの就労先など、受け入れていただけるところがあれば、
少年院に行くことなくすんだり、少年院で目標に達成できたら、すぐに退院することができます。

私の所属している子どもの権利委員会では、ご協力をしていただける方を探しております。

補導委託でも、住み込み就労の受入れのでも、
これをご覧になった方で、
少年の更生にご協力いただける方がいらっしゃいましたら、
当職宛で結構ですので、ご連絡を頂けたら幸いです。

よろしくお願いいたします。

 

Comments are closed

子どもの人権110番 06-6364-6251 にお電話を!

post on 4月 12th, 2013
Posted in POST

こんにちは。
今日は、二人とも所属している子どもの権利委員会の委員が担当している
「子どもの人権110番」についてご紹介したいと思います。

この活動は、子どもの人権についての法律問題について電話でご相談を受けています。
毎週水曜日の午後3時から午後5時、第2木曜日の午後6時から8時に実施しています。
その日は、3人の弁護士が待機していて、子どもの問題についての悩みをお聞きしています。

子どもさんご自身からの相談はもちろん、保護者の方からのご相談も受け付けております。
いじめ、非行、虐待、親権など、子どもに関するあらゆることについて、
電話でご相談を受け付けております。

電話だけではなく、その後継続相談を受けたり、その後代理人としてご依頼を受けたりすることも可能です。

いじめられているけれど、どう対応したらいいかわからない…
子どもが警察に捕まった場合、いったいどうなるのか、
近所で子どもが虐待されているようだ、どうしたらいいのか…
など、子どもの人権が脅かされている状態のご相談を
子どもの権利についての活動をしている弁護士がお受けしております。
電話でのご相談は、相談料はかかりません。

電話番号は06-6364-6251です。

ご相談は匿名でも可能ですので、お気軽にご相談いただけたらと思います。

また、5月11日土曜日の午前10時から午後4時半まで、
「子どもの日記念無料相談」を開催します。
この行事は毎年恒例となっており、いつもの子どもの人権110番よりも電話回線を増やし、
学校でのスクールカウンセラーなどをされている
子どもの心理に詳しい臨床心理士の方と弁護士がご相談をお受けします。
また、面談の相談もお受けできます。

平日の日中の電話相談が難しい方、休みの日の相談ですので、
是非お電話いただけたらと思います。

Comments are closed

未成年後見人について

post on 3月 15th, 2013
Posted in POST

先月は、骨折しました…という近況報告になってしまったので、
業務や活動のご紹介ができませんでしたので、今月は、未成年後見人についてお話ししたいと思います。
ちなみに、骨折はおかげさまでほぼ完治に近い状態です。

今月は、未成年後見制度についてご紹介したいと思います。

成人で、判断能力を乏しい方のために、成年後見制度があります。
これに対し、未成年の場合は、未熟で判断能力が不十分のため、
日常の契約以外は、親権者の同意が必要になったり、親権者が代理権を行使したります。
例えば、携帯電話の契約を未成年の子どもがする場合、
「親権者の同意欄」にサインを求められますよね?
そうやって親権者が同意して未成年の子どもは契約ができます。

未成年の子どもに親権者がいない場合、裁判所で後見人が選任されます。
これが未成年後見制度です。
ちなみに親権者がいないというのは、両親がいないという場合だけでなく、
両親が離婚してどちらか一方が親権者となった場合、
その親権者がいない場合もあります。
(母親が親権者となったのちに、何らかの理由で亡くなった場合、
直ちに父親が親権者になるわけではありません。)

私も成年後見も担当しておりますが、同じく未成年後見も担当しております。
通常、未成年者に親権者がいなくなったりした場合、
その子を引き取った親族などが後見人に選任されるのが一般的です。

このように親族後見人がいない場合、弁護士が後見人になるケースもあります。 その場合は、日常生活のことも

しなければならないので、学校の懇談にも出席して 進路の相談に乗ったりすることもあります。

まさに親代わりのような制度です。

これまでは、未成年後見人は一人しかなれませんでしたが、

民法が改正されたことによって複数人で後見人となることが認められるようになりました。

そのため、親族後見人では、財産管理に不十分にできなかったり、

場合によっては、使途が不明な多額の財産の費消があったりするような場合は、

裁判所が専門職後見人として、財産管理のみを担当させるため、弁護士が選任されます。

(場合によって、使途が不明な財産がなくなっていれば取り返すために手続きもします)

昔から未成年後見人制度はありましたが、複数後見の認められるようになったことで、

日常の世話は親族後見人が担当して、財産の管理を弁護士が担当するという形の

未成年後見制度の活用は、今後も増えていくのではないかと思います。

今後も、子どものための制度についていろいろとご紹介できたらと思います。

 

Comments are closed

健康ってありがたい

post on 2月 1st, 2013
Posted in POST

年明けして早1か月たちました。
「一月は行く、二月は逃げる、三月は去る」…の通りですね。

今年は、年始から健康でいることのありがたみを感じました。
私はいつも健康で、持病もなく、「元気」であることだけが取り柄だったのですが…
少年事件の国選弁護人となり、警察に接見に向かおうとしたところ、
駅で階段を踏み外してしまい、足をひねってしまいました。
捻挫だろうと思い、そのまま警察署に行ったのですが、捻挫と思えないほど痛いし、腫れてきました。

翌日病院に行くと、「剥離骨折」と言われました。ほんの少しだけ骨が欠けているとのこと。
ほんの少し骨が欠けただけでも、ひざ下からギブスを装着され、松葉杖生活が始まりました。

残念なのは、今月に行われる全国付添人交流集会に参加できなくなったことです。
全国付添人交流集会というのは、毎年どこかの弁護士会が主催して、
少年事件など子どもの事件に関わっている弁護士が
それぞれの活動の報告などをするの交流会です。
毎年参加していて、今年は改訂作業にかかわったマニュアルのお披露目もあるので、
楽しみにしていたのですが、旅先で迷惑をおかけするわけにもいかないと思いましたので、断念しました。

松葉杖をつきながら、普通に歩けるって素晴らしい!ということを実感しました。
両手がふさがっているため、今まで何の苦も無くできていたことができず、もどかしいです。
不便で仕方ない生活の一方、人の優しさに感動することは多々ありました。

家族や職場など周囲の人はもちろんのこと、通りすがりの人に助けられたりしました。
ことわざ通り、時が早く過ぎるのを待つことにします。

Comments are closed

明けましておめでとうございます。

post on 1月 8th, 2013
Posted in POST

莚井です。
 皆様 明けましておめでとうございます。本年も桂花法律事務所をどうぞよろしくお願いいたします。
    
 さて、今年は巳年、鏡餅=「巳」、ヘビがとぐろを巻いた形をあらわすそうです。そう聞くと鏡開きのおもちを食べると今年1年いいことがあるような気がします。
    
 といいながら、年末にひいた風邪がなかなか治らず、年末にするはずのブログの更新がいまごろになってしまいました。
    
 ところで、今年1月1日から、家事事件手続法が施行されました。今回の法改正は、家事事件においてそれに巻き込まれた子どもたちの意見を聞こう、聞いたらできるかぎりそれを尊重しよう、という方向で改正が多く行われています。場合によっては、夫婦どちらの代理人でもない子どもだけのための「子どもの代理人」も利用できることになりました。大変喜ばしいことだと思っています。
    
 しかし、実務が始まると調停員もしている当職にとってはミスは許されません。各種研修に出てそれなりに本も読んて準備してきたので、あとは本番を待つのみ。新しい法律により何がどう変わるのか。わくわくしていますが、同時に緊張もしています。
   
 風邪が治りましたら、続報させていただきます。
    
 それでは、また。

Comments are closed

法教育?あれこれ

post on 11月 20th, 2012
Posted in POST

 莚井です。桂花ブログを覗いてくださってありがとうございます。

 プロフィールにも書きましたが、10年以上「法教育」をやっています。

 もっとも、自分がやっていることを最初から「法教育」と考えていたわけではありません。最初は、なんとなく「学校へ行ってみよう」という思いから「弁護士による出張授業」をやるようになり、「模擬裁判」や「法教育概念の確定・法教育の必要性の理論化」(正直このへんはあまり関与していませんのでよくわかりません)を経て、「出張授業」はいつのまにか「法教育」の立派な1枝になっていたのです。

 これもプロフィールに書きましたが、私は理論が苦手で、思いだけで動き始めることが多いのでこういうことがよく起きます。  ただ、この「法教育」は、思いだけで始めたものが多くの方の賛同と参加を得ることができ、名前も立派に「法教育委員会」になり、さらに大阪弁護士会全体として年間約250名もの弁護士を派遣し大阪府下の高校生のべ人数でいうと1万人を超える生徒さんたちを相手に授業をする大プロジェクトにまで育ったので、成功例だと密かに(?)自賛しています。  以下に、私の分かる限りの範囲で、「法教育」特に出張授業について述べたいと思います(繰り返しますが、理論面は苦手ですのでご容赦ください)。

 そもそもの発端は、弁護士として仕事をする中で、「もっと早くに相談していただきたかった(そしたらもっといい解決方法があったのに)」思いをすることが多かったことです。

 普通に生きていくのに法律の細かい知識は必要ない。けど、法律は使い道はある。困ったときは特に。だから、若いうちから、「法」というのは人を縛るいやなものではなくて、使いようでは使える「ツール=道具」だとわかっていただきたい、「法」を(ついでに法の専門家でである弁護士のことも)敬遠することなくどんどん活用できることを知っていただきたい、と思うようになりました。

  そして、平成10年ころ。 若い人がいるところはどこか?学校だ! 学校に行きたい、行こう! という流れになったわけです(あくまでも、私の場合は、です。当初からもっと深く論理的に法教育の必要性を分かっておられたであろうМ先生ごめんなさい。)。

 ところが、当時、弁護士は学校相手にいちゃもん(体罰あかん、とかイジメあかん、とか)をつけに行く存在として学校からはどっちかというと嫌われていました。 そんな弁護士が「学校に行きたい」と突然言っても、学校が「そうですか、ほな来てください」と受け入れてくれるはずはなし。  また、教員免許もなく授業を行うノウハウも全くない、教育者としてはド素人の弁護士が学校へ行って授業を本当にできるのか?迷惑になるだけでは?という自覚もありました。

 そこで、一応、生徒さんたちに興味をもっていただけそうなネタ(=授業テーマ) を冊子で用意しました。そして、正規の学科の授業が終わった後の「ホームルーム」なら、授業の妨害にはならないよね、面白かったら聞いてもらえるよね、と、弁護士による出張授業を「法むるーむ」と名付けました(名付け親は大阪の現法教育委員会委員長の木村雅史弁護士です)。

 これだけ準備をした上で「弁護士が〇〇のテーマで授業できますので呼んでください」と売り込み、ありがたくも、学校から呼んでいただけるようになったわけです。 そして、自分が教壇に立って授業を行い、弁護士になってはじめて、伝えたいことが思うように伝わらない「伝える」難しさを実感しました。学校の先生方の努力と苦労が身にしみました。自分の学生時代を振り返り、寝たり早ベンをしたりしたことを心から反省しました。私を教えてくださった〇×先生ごめんなさい。悪い生徒でした・・  他方、うまく伝えられたときの生徒たちの「わかった!」顔の輝きにすっかりはまってしまいました。

 出張授業を10年以上やってきて、その間、何とかうまく伝えたい!と自分なりに工夫をしてきました。経験交流会等を通じてプロの教員の方や他の弁護士の工夫も色々教わることもできました。

 ご縁がありましたら、このブログで、出張授業のノウハウ等についてお伝えしていきたいと存じます。

 では、また。

Comments are closed

「居場所のない子どもたち」シンポジウムのご報告・お礼

post on 10月 29th, 2012
Posted in POST
先日ご案内させていただいた「居場所のない子どもたち」のシンポジウムは、 150名を超える方に参加をいただいて無事に終えることができました。 参加者は、弁護士のみならず、福祉の関係の方や実際に子どもたちを支援していただいている施設の方など 様々な分野の方に参加をいただき、 司法と福祉のはざまにいる高校生年齢の子どもたちの支援についての関心の高さがうかがわれました。 今回は、現状報告と問題提起をさせていただく形のシンポジウムでしたが 今後は、どういう形で支援をしていくかについて、弁護士として何ができるか、考えていかないといけないなと思いました。 シンポジウムやその準備活動を通じて、色んな方々とのつながりができました。 そのつながりを大切にしていきたいと思います。 みなさんアンケート用紙に真剣にご意見を書いてくださっているので、 まずはアンケートを集約して、シンポジウムを総括して、 具体的に何ができるかを考えていきたいと思います。
Comments are closed

【ご案内】10月27日のシンポジウム「居場所のない子どもたち~義務教育を終えた子どもに必要な支援を考える~」

post on 10月 23rd, 2012
Posted in POST
こんにちは。門松です。 自己紹介で書かせていただいておりますが、私は、子どもの権利委員会に所属しております。 このブログでその活動などについていろいろとご紹介していきたいと思います。 今週の土曜日10月27日1時から4時半まで大阪弁護士会館でシンポジウムを行います。 入場は無料で、どなたでも参加可能ですので、ご興味のある方はぜひお越しいただければと思います。 テーマはタイトルの通り 「居場所のない子どもたち~義務教育を終えた子どもに必要な支援を考える~」 です。 家庭で保護者から虐待を受けていたりするなど家庭に大きな問題を抱えていたりすると、 家庭に帰せない子どもたちがたくさんいます。 そして、家庭に帰せない場合、中学生年齢くらいまでは、児童養護施設等の福祉の施設で 保護することができるのですが、 中学卒業後は、高校に在学していない限り、「自立」をせざるを得なくなります。 自立=仕事を見つけて自分で生活していくことが必要となります。 しかし、中学卒業したばかりの15歳、16歳、17歳の子どもが 安心した環境でもなく、誰からも支えられることもなく、 仕事を続けて生活していくのは非常に困難です。 その中には、仕事を辞めて、友達の家を転々と泊まり歩いたり、 公園で寝泊まりするうちに、非行グループに染まって、事件を起こしたりする子どももいます。 弁護士になって丸5年になりましたが、 子どもの権利委員会で活動しているうちに、 そういう行き場のない子どもたちを支援してくださる方が大阪にはいろいろいらっしゃることを知りました。 今回のシンポジウムでは、第1部では、そういう支援してくださる施設や団体のほんの一部ですが 直接見学に行って、インタビューした内容を報告します。 第2部では、子どもの支援をしてくださる方々をゲストにお招きして、パネルディスカッションを行います。 興味のある方は是非、のぞいてみてください!
Comments are closed